関根 まみ子
関根 まみ子

関根 まみ子 活動日記

第3回定例会に一般質問で登壇!! (2011年9月30日[金])


関根 麻美子は第3回定例会の一般質問に登壇し、当面する諸課題について区長・教育長に質問しました!!

1. がん対策について

(1)がん予防推進計画の重点と取り組みの決意は。
・区長(答弁)大変重要な課題である。平成24年から5年間の計画を作成し対策にあたる。医療機関の方々の協力もいただかなければならない。本区のがん対策は強力に推進したい。

(2)がん検診率の向上について
・区長(答弁)受診率の向上ががん撲滅の第一命題である。ひとり一人の自覚の中に訴えが届くよう、会合、研修、イベント等のあらゆる方策を講じていく。

(3)子宮がん検診にDNA検査を加えよ。前立腺がん検診の対象を75歳に拡大を。成人歯科診断と連携した口腔がん検診の実施を。ピロリ菌の有無検査などの新たながん検診の取り組みに対する考えは?
・保健所所長(答弁)国の検診に位置付けられていない項目や現在研究状況の項目などがある。研究していきたい。


2. 不登校治療の一環として睡眠教育を取り入れてはどうか。

・教育長(答弁)従来から実施している「生活リズムを向上させるための取り組み」を地域あげて継続していきたい。


3. 子どもたちをとりまく読書環境の更なる充実について

読書科の進捗状況は。また、学校図書館活用コンクールで多様な取り組みを行う学校を顕彰してはどうか。
・教育長(答弁)2年間の実績を踏まえ、文部科学省と実現に向けた協議に入っている。具体的な事例を全校で共通認識できるような取り組みを行い、全体としての力をあげていきたい。読書科で使用する指導資料を作成中である。


4. 地域図書館について

(1)更なる拡充に向けた考えは?
・区長(答弁)江戸川区の図書館は拠点となる中規模館と取りまとめの中央館で構成している。小規模図書館をたくさん作るのは、児童図書などには良いが、図書館は社会教育施設なので内容からも中規模館の拠点配置が望ましい。空白地帯については無いとも言えないが、これからも十分検討していきたい。

(2)ヤングアダルト(10代)の利用促進は?
・文化共育部長(答弁)中高生の普及促進については重要なことであり、ティーンズコーナー設置やイベント実施をさらに充実していきたい。

(3)小1セットを配布し図書館の利用促進を!
・文化共育部長(答弁)幼児、児童は「ノンタンバック」小1は「ようこそ図書館へ(利用案内)」、小3は「読んでみましょう(お勧め本の紹介)」を配布している。教育委員会と連携し小学校の入学の機会を捉え、子どもたちが一層図書館に親しめるような工夫をしていきたい。


5. 地域包括支援センターは、わかりやすい所在地及び名称を。また更なる拡充の方針は?

・区長(答弁)名前がわかりづらいので、今月一杯、愛称を募集している。今後高齢者人口も増えるので地域包括支援センターは増やしていかなければならない。特養の中にあると区民は相談に行きにくいので、街中に造る方式でお願いしていきたい。看板の問題を含めわかりやすい地域包括支援センターにしていきたい。


6. 放射線リスクの不安解消の更なる取り組みについて

・区長(答弁)必要な検査は実施するし、その結果も公表する。いたずらに風評被害を呼ぶようなことを行政が進んでやることは避けたい思っている。国や東京都の情報を含め、信憑性のある情報はできるだけ最大限に公表していく。




【 活動日記一覧へ 】

 
江戸川区議会公明党 江戸川区公式ホームページ YouTube公明党チャンネル
女性の視点を生かした
防災ブック
「東京くらし防災」

女性の視点を生かした<br>防災ブック<br>「東京くらし防災」
NEW


【環境放射線測定結果】 江戸川区モニタリングポスト
このページの先頭へ
Copyright 関根 まみ子 All Rights Reserved.